EUバンカー賞与規制、交渉大詰めの段階-議長国修正案提示へ

欧州連合(EU)は19日、バンカー のボーナス規制で暫定合意の取りまとめを目指す。国際銀行資本規制「 バーゼル3」の欧州での実施方法をめぐる対立が8カ月にわたって続く 中で、交渉当事者は事態の打開に努力している。

EU議長国のアイルランドは、交渉のたたき台となるボーナス規制 の修正案を提示する。EU当局者2人が匿名を条件に明らかにした。当 局者らによれば、欧州議会の承認を前提として、バーゼル3の法制化に 関する合意に拘束力のある報酬ルールを盛り込む必要性を各国政府は了 承している。

昨年12月に当時の議長国キプロスと欧州議会の代表との間で協議さ れた妥協案には、バンカーの固定給の倍を超える賞与の禁止に加えて、 年間給与よりも高いボーナスを支払う場合、銀行株主資本の3分の2を 代表する株主の過半数の支持を必要とする条件が盛り込まれていた。ア イルランドの新たな提案はこれを修正する内容になる。

欧州議会の議員らは、バーゼル3の実施に関するEU法について、 バンカーの変動報酬への拘束力のある規制を盛り込むことを要求。前回 の会合では、12月の妥協案を支持する姿勢を一部加盟国が示したが、英 国などが反対した。

アイルランド政府の報道官は、交渉が大詰めの段階に入っていると した上で、19日の会合ではEU指令案(法案)の未解決の重要問題の解 決を目指すことになると述べた。

原題:EU Nations to Seek Bonus Deal With Lawmakers in Basel III Law(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE