スペイン:証券で目標額調達、コスト低下-21日に国債入札

スペイン政府は19日に入札を実施 し、3カ月物と9カ月物の証券計40億ユーロ(約5000億円)相当を発行 した。発行高は目標上限に一致した。

3カ月物の平均落札利回りは0.421%と、1月22日入札時の0.441% を下回った。9カ月物は1.144%。応札倍率は3カ月物が5.76倍(1月 は4.18倍)、9カ月物が2.31倍。9カ月物は従来の18カ月物に代わるも ので今回が初めての発行。

今月これまでの入札では落札利回りが前回を上回る傾向にあった が、この日は借り入れコストが低下した。

政府は21日に2015、19、23年償還債の入札を計画している。22日に は欧州連合(EU)の欧州委員会が最新の経済予想を発表する。昨年11 月時点の予想ではスペインの13年財政赤字は国内総生産(GDP)の 6%、債務は同92.7%と見込まれていた。

原題:Spain Meets Upper Target at Bill Sale, Borrowing Costs Fall (1)(抜粋)

--取材協力:Max Julius、David Bartolomemartinez.