ECBは緊急措置引き揚げを、可能になり次第-独連銀理事

ドイツ連邦銀行(中央銀行)のドン ブレト理事は18日、欧州中央銀行(ECB)の危機対応措置について、 解除が可能になり次第、引き揚げ始めるべきだとの見方を示した。低金 利を長く続け過ぎれば資産価格バブルにつながる可能性があると論じ た。

同理事はハンブルクでの講演で「金融政策は非標準的な措置の引き 揚げを常に念頭に置き、解除が妥当となり次第、行動しなければならな い」と語った。銀行は低金利に依存してはならないとし、政策当局は低 コストの与信に内在するリスクを忘れてはならないと述べた。

さらに、「非標準的な金融政策措置は危機の恒久的解決に不可欠な 財政健全化と構造改革の代わりにはならない」とくぎを刺した。低金利 を長く続け過ぎれば資産価格の「誇張」につながり得ると指摘した。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE