ゴールドマンとブラックロック、ユーロ建てMMF再開

米ゴールドマン・サックス・グルー プとブラックロックは、最も安全な債務証券の利回りが上昇し始めたこ とを受けて、ユーロ建てマネー・マーケット・ファンド(MMF)への 新規顧客受け入れを再開した。

ブラックロックは177億ユーロ(約2兆2200億円)規模の「インス ティチューショナル・ユーロ・リクイディティ・ファンド」への新規投 資受け入れを今月再開したと、国際キャッシュセールス責任者のマー ク・ストックリー氏が14日のインタビューで述べた。ゴールドマンは 「ユーロ・ガバメント・リクイッド・リザーブ・ファンド」の受け付け を先週再開したと広報担当のアニシャ・パテル氏が電話で述べた。

ブラックロックは昨年7月、2本のユーロ建てMMFへの新規投資 を制限した。ゴールドマンはガバメント・ファンドを閉ざしていた。欧 州中央銀行(ECB)が中銀預金金利をゼロにし安全な国債の利回りが 急落、預かり資産から利益を出すことが難しくなったためだった。3カ 月物ドイツ国債の利回りは今年1月に入り、昨年5月以来で初めてゼロ を上回りプラスになった。

ブラックロックによると、ユーロ・リクイディティ・ファンドの1 月の1カ月利回りは0.15%だった。

原題:Goldman, BlackRock Reopen Euro Money Funds as Yields Rise (1)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE