アジア株上昇、1年半ぶり高値近辺-G20受け日本株買われる

18日のアジア株式相場は上昇。 MSCIアジア太平洋指数が1年半ぶりの高値近辺で推移している。円 安につながった日本の政策への具体的な批判が20カ国・地域(G20)会 合で出なかったことを受けて日本株が上昇し、指数全体を押し上げた。

円安による業績改善期待でトヨタ自動車が1.3%高。オーストラリ ア最大の鉄鋼メーカー、ブルースコープ・スチールは15%の大幅高。純 損失が前年同期から縮小した。

米ウォルマート・ストアーズなどの小売企業に玩具や衣料品を納入 する香港のリー・アンド・フォン(利豊)は1.4%安。今月これまでの 売り上げが低調だとのウォルマート幹部の社内文書の内容が伝わった。

MSCIアジア太平洋指数は日本時間午後3時54分現在、前週末 比0.7%高の133.76と、2011年8月以来の高値近辺で取引されている。

原題:Asian Stocks Climb as Japan Shares Jump on G-20; Li & Fung Drops(抜粋)