英主要100社の法的責任費用、3兆2000億円に急増-規制強化で

英主要100社が昨年支払った法的責 任の関連費用が前年比22%増加した。英米当局による規制強化などが同 費用の増加につながっている。

法律関連出版社スイート・アンド・マックスウェルが18日に発表し た調査によると、FTSE100種指数の構成企業が対象となった訴訟の 費用と、英金融サービス機構(FSA)や米商品先物取引委員会 (CFTC)などの規制当局から命じられた制裁金の総額は、340億ド ル(約3兆2000億円)に膨れ上がった。11年は283億ドルだった。

スイート・アンド・マックスウェルのマネジングディレクター、テ リー・ホークスワース氏は発表資料で、「信用危機が始まった際、法的 責任に関連する費用が増加すると見込まれていた。商取引をめぐる圧力 が高まり、企業間の訴訟が増えたためだ」と指摘。ただ、「当局による 規制強化が法的責任関連費用の最大の部分を占めるようになるとはそれ ほど予想されていなかった」と述べた。

ロンドン銀行間取引金利(LIBOR)操作問題などのスキャンダ ルについて英米当局が調査を進め、英国の銀行業界に対し多額の制裁金 を科した。英バークレイズは昨年6月に4億5000万ドルの制裁金を科さ れた。欧州最大の銀行、HSBCホールディングスは12月に、マネーロ ンダリング(資金洗浄)問題で19億2000万ドルを支払うことで米当局と 和解した。

原題:Legal Liability at Biggest U.K. Companies Climbs to $34 Billion(抜粋)

--取材協力:Lindsay Fortado.

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE