米大統領に1.5兆ドルの財政赤字削減計画の用意-首席補佐官

米国のマクドノー大統領首席補佐官 は、オバマ大統領が自動的な歳出削減の回避に向けた計画について共和 党と協力する用意があると述べた。こうした歳出削減は、米国防費と中 間所得層に不可欠なプログラムを損なう恐れがある。

マクドノー主席補佐官は17日、ABC放送の番組「ディス・ウィー ク」で、大統領は財政赤字を1兆5000億ドル(約140兆円)削減する計 画であり、歳入増を含め「バランスの取れた方法」で赤字縮小を図ると 主張すると述べた。

同補佐官は「これはイデオロギーに関する取り組みではない」と発 言。「社会科学の実験でもあり得ない。経済にとって何が一番重要か、 中間所得層にとって何が一番大切かを自問する問題であるはずだ」と強 調した。

共和党は財政赤字穴埋めで歳入に頼るいかなる計画にも断固として 反対する姿勢だ。ライアン下院予算委員長(共和、ウィスコンシン州) はABCの番組で、上院で予算法案がまとまっておらず、大統領からも 具体的な情報提供がほとんどない中で、自動的な歳出削減が現実のもの となる様相を呈してきたと述べた。

原題:Obama Has $1.5 Trillion Budget Plan Ready, McDonough Says (1)(抜粋)

--取材協力:William Selway.