キプロス大統領選:アナスタシアディス氏とマラス氏で決戦へ

17日投票のキプロス大統領選挙は、 最大野党、民主運動党(DISY)のアナスタシアディス党首が第1回 投票で勝利したものの、得票率は過半数に届かず決選投票が行われるこ とになった。

開票率100%時点でアナスタシアディス氏(66)の得票率 は45.5%。退任するフリストフィアス現大統領が所属する労働人民進歩 党(AKEL)の支持を受けたスタブロス・マラス候補は26.9%。無所 属のヨルゴス・リリカス候補は25%で3位。24日の決選投票はアナスタ シアディス候補とマラス候補が対決する。

新大統領は金融支援条件をめぐって行き詰っている欧州連合( EU)との協議を前進させる課題に直面する。キプロスは昨年6月に国 際的な金融支援を要請。EUの行政執行機関である欧州委員会と欧州中 央銀行(ECB)、国際通貨基金(IMF)のいわゆるトロイカとの間 で支援条件を8カ月にわたり交渉中で、支援額は同国の経済規模(180 億ユーロ=約2兆2500億円)に匹敵する可能性もある。

原題:Anastasiades to Face Malas in Cyprus President Election Runoff(抜粋)

--取材協力:Natalie Weeks、Marcus Bensasson.

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE