白川総裁:G20声明は日銀政策に影響せず-通貨戦争は誇張と多くの声

日本銀行の白川方明総裁は16日午 後、モスクワで開かれていた20カ国・地域(G20)財務相・中央銀行総 裁会議終了後、記者会見し、今回のG20声明は日銀の政策に影響しない との認識を示した。

総裁は「あくまでも日銀の金融政策は物価の安定を通じて国民経済 の健全化の発展に資する」ことだと指摘。これは声明でうたっている 「国内経済の安定を目的として実行しているもの」だとし、「我々は従 来から行っている金融政策運営の考え方とまったく同じものであると思 っている」と述べた。

為替相場に関しては、多くの出席者から「現状を通貨戦争という言 葉で表現するのは適当ではなくて、そうした表現は誇張されている」と の声が聞かれたと紹介。また、G20が「各国が自国の経済の安定に向け てしっかり取り組んでいくということが、結局は世界経済全体の安定に つながっていく」との認識を共有したと語った。

同席した麻生太郎財務相は、為替に関して各国が「市場で決定され る為替レートや、為替の柔軟性の重要性」のほか、「通貨の競争的な切 り下げを回避する」ことなどを確認したと指摘。日本政府としても引き 続きこうした原則に従っていく考えを示した。