G20:日本批判を回避か、麻生財務相「言い過ぎとの声多い」

15日開幕した20カ国・地域(G20) 財務相・中央銀行総裁会議では、為替レートに関してより厳しい態度を 取ることを討議した。16日終了後に出す共同声明では、競争的な通貨切 り下げを認めないとの姿勢を示す。

会議で討議が進む中、15日のニューヨーク外国為替市場で円は下 落。G20構成国の当局者1人が、共同声明では、為替レートを政策の目 標にすべきではないとした主要7カ国(G7)の今週の声明内容が盛り 込まれる予定はないと述べたことに反応した。

麻生太郎財務相はモスクワで記者団に対し、「為替戦争とか通貨戦 争とかいろいろな発言が出ているが、言い過ぎだという声のほうが明ら かに多かったと思う」と述べた。

昨年11月のG20声明内容を繰り返すことになれば、G20が日本を公 に批判せず、円安がどの程度、日本政府のデフレ脱却計画として認めら れるものなのかという疑問に対応できないことを示唆する。また中国な ど新興国が為替管理の完全否定に消極的なことを反映しているとも考え られる。

バークレイズのストラテジスト、アループ・チャタジー氏(ニュー ヨーク在勤)は「G20は日本を名指ししてはいない。よって現行の金融 政策は引き続き容認され、円は下げるだろう」と述べた。

日本銀行の白川方明総裁も15日、モスクワで記者団に、日本の金融 政策はデフレ克服が目的だと説明し、政策を擁護した。その上で、円安 進行の背景について「グローバルなリスク回避姿勢の後退が大きいと思 う」との認識を示した。

原題:G-20 Wrangles Over Currency War Stance as Japan Defends Policy(抜粋)

--取材協力:Rainer Buergin、Jeff Black、Ilya Arkhipov、Scott Rose、Theophilos Argitis、Paul Abelsky、Olga Tanas、Ian Katz、Stepan Kravchenko、John Tucker、Sandrine Rastello、Yumi Teso、David Yong.

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE