米消費者マインド指数:2月は76.3に上昇、期待指数も上昇

2月の米消費者マインド指数は前月 比で上昇した。

2月のトムソン・ロイター/ミシガン大学消費者マインド指数(速 報値)は76.3と、前月の73.8から上昇した。ブルームバーグ・ニュース がまとめたエコノミスト予想の中央値は74.8だった。

TDセキュリティーズUSAの米金利リサーチディレクター、ミラ ン・マルレーン氏は「金融市場の環境や住宅価格で全体的にしっかりと した改善が見られた。こうした要素が消費者の信頼感を押し上げてい る」と述べ、「今後も状況が改善すれば、支出にもその改善が反映され るだろう」と続けた。

現在の景況感を示す指数は88と、6カ月ぶりの低水準だった前月 の85から上昇した。6カ月後の先行き景況感を示す期待指数は68.7と、 前月の66.6から上昇した。

向こう1年間のインフレ期待値は3.3%で変わらず。5年間のイン フレ期待値は3%と、前月の2.9%から上昇した。

い。

原題:Consumer Sentiment in U.S. Increases to a Three-Month High (2)(抜粋)

--取材協力:Ainhoa Goyeneche.