ロシア:ウラル地方で隕石爆発、衝撃で窓割れる-1000人負傷

ロシアのウラル地方上空で隕石が爆 発し、衝撃波で窓ガラスが割れ、多数が負傷した。非常事態省のウェブ サイトによれば、モスクワ時間15日午前7時25分(日本時間午後0時25 分)ごろ、チェリャビンスクの上空で隕石が分裂した。

内務省当局者によると、チェリャビンスク州の住民約1000人が負傷 した。大半は隕石爆発の衝撃波で飛び散ったガラスによる負傷者だっ た。

ロシアの小売り大手マグニトのセルゲイ・ガリトスキー最高経営責 任者(CEO)はツイッター上で、「深刻な隕石落下だ」と記し、「エ マンジェンリンスクにある当社スーパーでは、窓ガラスが吹き飛ばさ れ、屋根が揺れた。強大な衝撃波だった」と説明した。

非常事態省の当局者はテレビ放映された会議で112人が病院に収容 されたとプーチン大統領に報告した。同省ウェブサイトによると、放射 線量は通常の範囲内で、電力システムは通常通り稼働している。一部の 学校や幼稚園は窓ガラスが割れたため閉鎖されたという。

同省は声明で「隕石からのさらなる破片落下はない」との見通しを 示した。

原題:Meteor Blast Smashes Windows, Injuring About 1,000 in Russia (3)(抜粋)

--取材協力:Ilya Khrennikov、Vladimir Kuznetsov.

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE