米GM:欧州部門の改善に自信-12年の赤字倍増にかかわらず

欧州部門の昨年の赤字幅が前年から 2倍余りに膨らんだ米自動車メーカーのゼネラル・モーターズ(GM) は同地域の自動車市場が2013年にさらに悪化するとみている。その一方 で、欧州部門が10年代半ばまでに収支トントンになるとの見通しも維持 している。

米国と中国での好調を追い風にGMは3年連続で利益を確保したも のの、欧州部門の赤字が目立つ形となった。同社の14日の発表によれ ば、12年通期の純利益は61億9000万ドル(約5740億円)と、過去最高だ った11年から33%減少した。

ダン・アマン最高財務責任者(CFO)はこの日、ブルームバーグ テレビジョンで「欧州自動車業界は13年に一段と悪化するだろう」と指 摘。ただ、事業のコスト構成などにはかなり満足しており、多くの改革 を実施していると述べた。

ダン・アカーソン最高経営責任者(CEO、64)は収益率向上のほ か、米国で失った市場シェアを回復し、中国の販売を15年までに75%引 き上げることを目指している。

原題:GM Says Confident of Europe Turnaround After Losses Doubled (1)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE