中国中信集団:豪アルミナの株式13%を取得へ-約434億円で

中国最大の政府系投資会社、中国国 際信託投資(CITICグループ、中信集団)はオーストラリアのアル ミナメーカー、アルミナの一部株式を約4億5200万豪ドル(約434億 円)で取得する。

中信集団は傘下の中信資源(CITICリソーシズ・ホールディン グス)などを通じて、アルミナ株13%を取得する。両社は新株約3 億6600万株を1株当たり1.235豪ドルと、13日の株価終値を3%上回る 水準で買い取ることで合意している。アルミナが14日の発表資料で明ら かにした。同社は米アルミ生産最大手アルコアと提携している。

アルミナ株は14日のシドニー市場で、前日比7.5%高の1.29豪ドル で終了。2012年3月以来の高値となった。

マイン・ライフのディレクター、ガビン・ウェント氏は「今日のア ルミナ株の動きは恐らく、買収の可能性があると市場がみていることを 示唆している」と指摘した。

原題:China’s Citic to Buy 13% Stake in Alumina for A$452 Million (4)(抜粋)