SEC:ハインツ株コール取引、発表前日の大幅増調査-関係者

米証券取引委員会(SEC)は、投 資会社の米バークシャー・ハサウェイと3Gキャピタルが米食品メーカ ーのハインツ買収を発表する前に、ハインツ株を強気にみる投資が大き く増えたことが社内の未公表情報に基づくものであったかどうかを調べ ている。事情に詳しい関係者が明らかにした。

ブルームバーグのデータによれば、ハインツ株のコールオプション (買う権利)の取引高は13日、先月31日以来の高水準となった。投資家 ウォーレン・バフェット氏率いるバークシャーと資産家ジョルジェ・パ ウロ・レマン氏の3Gが約230億ドル(約2兆1300億円)で買収すると 発表したことを受け、ハインツ株は14日のニューヨーク市場で前日 比20%高と大幅に上昇し引けた。

同関係者は情報が非公開であることを理由に匿名で、調査は初期段 階で正式な調査につながらない可能性もあると述べた。

原題:SEC Investigators Review Surge in Heinz Trades Before Merger (1)(抜粋)

--取材協力:Cecile Vannucci.

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE