アイカーン氏、ハーバライフ株を13%保有-協議求める計画

資産家カール・アイカーン氏は、栄 養補助食品メーカーのハーバライフの株式を13%保有していることを開 示した。同社の将来をめぐり、ライバルのヘッジファンド運用者ビル・ アックマン氏との争いは激しさを増しそうだ。

アイカーン氏は14日の米証券取引委員会(SEC)への届け出で、 ハーバライフとの協議を目指すことを明らかにした。同社の戦略的選択 肢には株式非公開化が含まれる可能性があるとした。ハーバライフの株 価は時間外取引で一時19%高となった。

アックマン氏は約2カ月前、ハーバライフがマルチ商法を行ってい ると主張し、同社株を2000万株空売りしたことを明らかにした。ハーバ ライフは疑惑を繰り返し否定している。

アイカーン氏は届け出で、ハーバライフは「正当なビジネスモデル を有しており、長期的な成長機会は良好だ」とし、同社株は過小評価さ れていると指摘した。

原題:Icahn Reports 13% Stake in Herbalife, Plans to Seek Talks (1)(抜粋)

--取材協力:Miles Weiss.