米上院民主党:約1100億ドルの計画提案、歳出削減先送りで

米上院の民主党議員は14日、3月1 日に発効する国防などのプログラムに関する自動的な歳出削減を10カ月 間先延ばしすることを提案した。

民主党提案の規模は1100億ドル(約10兆2000億円)で、一律の自動 的歳出削減の代わりに、国防費の削減と農家への直接支払いの停止、高 額所得者に最低30%の実効税率を課す「バフェット・ルール」の採用を 行う。

上院歳出委員会のミカルスキ委員長(民主、メリーランド州)は14 日に記者団に対し、「われわれには計画がある。かなりの額だ」と述 べ、歳入増と歳出削減で穴を埋める方針を示した。

一方、ベイナー下院議長(共和、オハイオ州)や他の共和党議員 は、歳出削減の代わりに新たな歳入で穴埋めする案に反対している。ベ イナー下院議長はこの日記者団に対し、「今後10年で財政均衡化を軌道 に乗せるための歳出削減と改革がない限り、自動的歳出削減は発効す る」と強調。ただ、上院を通過する案があれば、下院は「喜んで検討す る」とも述べた。

原題:Senate Democrats Offer $110 Billion to Delay Spending Cuts (2)(抜粋)

--取材協力:Roger Runningen、Alan Levin、Jim Snyder、Richard Rubin、Kathleen Hunter.