G20、為替市場への介入回避呼び掛けを議論中-露中銀幹部

20カ国・地域(G20)は為替市場に おける政府介入を控えるよう呼び掛けることを議論している。ロシア中 央銀行のウリュカエフ筆頭副総裁が明らかにした。

同筆頭副総裁は14日、モスクワでのインタビューで、「市場が決定 する為替レートが堅実で安定的、長期にわたる成長にとって重要な要素 であり、市場の力に干渉するのは価値のないことだという姿勢を、国際 機関や主要国の代表者らは既におのおの発言で示している」と語った。

原題:G-20 Debates Support for U.S. Call to Refrain From Devaluation(抜粋)

--取材協力:Scott Rose.