ベルルスコーニ氏:「賄賂は犯罪にあらず」、国際企業に必要

イタリアのベルルスコーニ前首相は グローバル企業が贈収賄を拒絶していては競争で取り残されると述べ、 同国防衛大手、フィンメッカニカの最高経営責任者(CEO)だったジ ュゼッペ・オルシ氏を逮捕した検察を批判した。

前首相は公共放送RAI3のインタビュー番組で、「賄賂は厳然と 存在する現象であり、この必要な行為の存在を否定するのは意味のない ことだ」とし、「犯罪ではない。ある国の誰かに手数料を支払うだけの ことだ。なぜ払うかと言えばそれがその国の規則だからだ」と語った。

オルシ容疑者は12日に逮捕され、フィンメッカニカは14日にアレッ サンドロ・パンサ氏をCEOに起用した。当局はオルシ容疑者の下で同 社が2010年にインドから得たヘリコプターの契約について、捜査してい る。

ベルルスコーニ前首相は検察の行動は、石油会社のENIや電力の エネルなどイタリアの大企業に害を与える前例を作るものだとして、 「ENIやエネル、フィンメッカニカは誰にも相手にされなくなるだろ う。これは純然たる自虐趣味だ」と断じた。

原題:Berlusconi Tells Italian Firms to Keep Bribing After Orsi Arrest(抜粋)

--取材協力:Robert Wall.

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE