仏ルノー:自動車部門の債務解消、日産と提携以来初めて

フランス2位の自動車メーカー、ル ノーは、日産自動車との資本提携以来初めて自動車製造部門の債務を解 消した。値引きを控え支出を抑えたことが奏功した。14日のパリ市場 で、ルノー株は2年ぶり高値に達している。

同社が14日発表した2012年通期決算によると、自動車部門の同年末 の手元資金は純ベースで14億9000万ユーロ(約1870億円)のプラス。前 年は2億9900万ユーロの純債務を抱えていた。利払い・税引き・一時項 目前利益は7億2900万ユーロ。ブルームバーグがまとめたアナリスト15 人の予想平均値6億8900万ユーロを上回った。

ルノーは昨年、中南米やロシアでの販売に注力する中で欧州市場で シェアが低下。同地域での販売は19%減と、業界全体の7.8%減より落 ち込みが激しかった。欧州市場自体は縮小しつつあるものの、そこでの シェア拡大に向けたラインアップ拡充により、利益や手元資金を維持す る計画だという。

ルノー株は一時、前日比7.1%高の46.28ユーロに達した。これは日 中取引としては2011年2月21日以来の高値。パリ時間午前9時18分現在 は6.3%高での取引。年初来では13%上げている。

原題:Renault Wipes Out Auto Debt for First Time Since Nissan Alliance(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE