ロンドン外為:ユーロ下落、独仏がマイナス成長-円安い

14日の外国為替取引で円は対ドルで 下落。日本銀行の次期総裁候補の一人とされる岩田一政元日銀副総裁が 円に一段の下落余地があるとの見方を示したことなどに反応した。この 日発表されたドイツとフランスの昨年10-12月(第4四半期)成長率が いずれもマイナスとなったことを受け、ユーロは下落。

ロンドン時間午前7時1分現在、円はドルに対して0.2%安の1ド ル=93円63銭。対ユーロは0.1%高の1ユーロ=125円51銭。ユーロはド ルに対して0.3%下落の1ユーロ=1.3411ドル。

岩田氏は1ドル=90円から100円程度の為替水準について、過大な 円高が修正される範囲のものではないかとの見解を示した。フランスの 第4四半期国内総生産(GDP)は前期比0.3%減、ドイツは同0.6% 減。いずれもマイナス幅がエコノミスト予想を上回った。

原題:Yen Ends 2-Day Gain After BOJ Decision; Euro Declines(抜 粋)

--取材協力:Kevin Buckland.

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE