米デル:LBOめぐる株主会合開催計画、要求見極め-関係者

パソコンメーカー世界3位の米デル は、株式非公開化に向けた224億ドル(約2兆1000億円)規模のレバレ ッジド・バイアウト(LBO、買収先の資産などを担保にした借り入れ による買収)に対する株主の要求を見極めるため、株主との会合を計画 している。事情に詳しい複数の関係者が明らかにした。

デルとシルバーレーク・マネジメントは、T・ロウ・プライス・グ ループなど主要株主から上がっている懸念を解消する方策を検討してい る。T・ロウ・プライスは1株当たり13.65ドルの提示額はデルを過小 評価していると表明した。

関係者の1人によると、シルバー・レイクは提示額の引き上げに反 対しているものの、主要株主が1株当たり1ドル超の引き上げを期待し ているのか、あるいは15セント程度なのかを判断するために株主との協 議を望んでいる。この関係者は手続きは非公開だとして匿名を条件に語 った。

デルの創業者マイケル・デル最高経営責任者(CEO)とシルバー レークは今月5日、金融危機以後で最大規模となるLBOでデルを非公 開化することに合意したと発表。携帯端末やクラウドコンピューティン グ市場での競争が激しさを増す中、同社は2012年に企業価値の約3分の 1を失った。両者の提示額は、ブルームバーグ・ニュースがデルの LBOを初めて報じる前の最後の取引日である1月11日の株価終値 を25%上回る水準。

オスカー・グラス・アンド・サンのアナリスト、ルイス・メイヤー 氏は、「現行の提示額で株主の支持が得られるとは思わない。特に主要 株主の2社が早々に声を上げ、反対しているからだ」と語った。

デルCEOとシルバーレークは、デル株式の14%を保有するデル氏 を除く主要株主の過半数の承認を得る必要がある。T・ロウ・プライス とサウスイースタン・アセット・マネジメントは合わせて10%余りを保 有。両社はいずれもデルの価値は提示額よりも高いと主張している。

デルの広報担当デービッド・フリンク氏はコメントを控えた。

原題:Dell Said to Plan Shareholder Meetings to Assess Demands for LBO(抜粋)