メルケル独首相:グローバル企業の租税回避行為に対抗へ

ドイツのメルケル首相は13日、多国 籍企業が利用する税支払いの抜け穴を是正する意向を明らかにした。選 挙年の課題に掲げた納税者を金融危機の影響から守る取り組みを強化す る。

同首相は同日、自身が率いるキリスト教民主同盟(CDU)の集会 で、「世界はわれわれが期待するような教訓を学んでいない」と指摘。 「グローバル企業が欧州や米国などで事業展開しながら、税金は税金天 国の国に支払っている。こうした行為は許されない。終止符を打たなけ ればならない」と述べた。6月に英国で開かれる主要8カ国(G8)首 脳会議(サミット)で、各国首相に働き掛けると語った。同首相は9 月22日の総選挙で3期目を目指している。

メルケル首相は債務削減と緊縮財政、自国とユーロ圏17カ国の財政 立て直しに取り組んでおり、CDUは政府の収入を奪っていると同首相 が見なしている域内での法人税制の相違に着目している。

原題:Merkel Seeks to Shut Corporate Tax Havens in Election-Year Fight(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE