FRBタルーロ理事:MMFなど短期資金市場リスクの厳しい監視必要

米連邦準備制度理事会(FRB)で 金融監督を担当するタルーロ理事は、短期資金市場のリスクについて、 米国および国際金融監督当局が「厳しくかつ包括的に」監視する必要が あるとの考えを示した。

タルーロ理事は14日の上院銀行委員会公聴会のための証言テキスト で、預金以外の短期資金市場について、「その脆弱(ぜいじゃく)性に 対処する適切な手法の分析がFRBにとって引き続き今年の優先課題 だ」と説明。短期資金市場の透明性改善とマネー・マーケット・ファン ド(MMF)のリスクを減らす「追加的措置」の必要性を訴えた。