東北電:家庭向け料金の値上げ申請-東通原発15年7月再稼働

東北電力は14日、原発停止の長期 化で代替の火力発電用の燃料費が膨らんでいることなどから、経済産業 省に家庭向け電気料金11.41%の値上げを申請した。2013-15年度の原 価を算定するため、原子力発電所の再開計画を経産省に提出。東通原発 1号機を15年7月に、女川原発の3基の原子炉は16年度以降に運転を再 開する方針を盛り込んだ。

同社の海輪誠社長は資源エネルギー庁の高原一郎長官と会い、値上 げの審査を求めるとともに認可が不要な企業向けについても平 均17.74%値上げする方針を明らかにした。実施時期はともに7月から としている。

東日本震災後の家庭向け料金値上げ申請は、東京電力、関西電力、 九州電力に続いて4社目。高原氏は九州電力、関西電力の値上げ審査に めどがつき次第、東北電の申請の審査に入るとの意向を伝えた。

東北電は13年度からの3年間で約800億円の経費削減を計画してい るが、燃料費や他社から購入する電力料金の増加は避けられないため、 年平均1980億円の収入不足が生じると予測。海輪氏は、これを補てんす るために値上げが必要だと説明した。