トヨタ車が長期品質番付トップ、GMも健闘-JDパワー

米自動車の3年前モデルの信頼性に 関する調査で、トヨタ自動車がトップの成績を挙げた。米ゼネラル・モ ーターズ(GM)とホンダもセグメント別で首位を獲得した。

JDパワー・アンド・アソシエーツが13日公表したところによる と、問題発生件数が最も少なかったのはトヨタの高級車「レクサス」 で、2年連続で全体のトップに輝いた。「トヨタ」は同率で3位。トヨ タ車は7つのセグメントで首位を獲得した。トヨタやGM、ホンダの貢 献もあり、米業界全体で100台当たりの問題発生件数は平均126件と、 JDパワーが調査を行ってきた24年間で最少だった。

自動車メーカーが顧客を引き留められるかどうかは保有する車の信 頼性にかかっていると、JDパワーは資料で指摘。利用していた間に問 題が起きなかったオーナーの54%は、再び同じブランドを選ぶという。 問題が3件以上発生した場合、その割合は41%に低下する。

トヨタはスポーツ型多目的車(SUV)「RAV4」やミニバン 「シエナ」などがセグメント別で首位だった。

原題:Toyota Joins GM Showing Auto-Quality Gains, J.D. Power Says (1)(抜粋)