NY原油:反落、米原油生産が20年ぶり高水準に増加

ニューヨーク原油先物相場は反落。 米国の原油生産が20年ぶりの高水準に増えたことを嫌気した。

米エネルギー省の統計によると、先週の原油生産は日量706万バレ ルと、1992年12月以来の高水準に増加した。原油在庫は56万バレル増の 3億7220万バレル。同統計発表前の朝方は堅調に推移し、米小売売上高 の増加を背景に日中の高値をつけた。

マニュライフ・アセット・マネジメント(ボストン)のシニアマネ ジングディレクター、チップ・ホッジ氏は「供給は十分にある一方で、 需要もまずまずだ」と指摘。「経済成長見通しが再び焦点になるだろ う」と述べた。

ニューヨーク商業取引所(NYMEX)の原油先物3月限は前日 比50セント(0.51%)安の1バレル=97.01ドルで終了。過去1年間で は3.9%値下がりしている。

原題:WTI Oil Falls After U.S. Crude Production Rises to 20-Year High(抜粋)

--取材協力:Grant Smith.