英中銀総裁がポンド安の必要示唆-G7声明説明中に思わぬ発言

イングランド銀行(英中央銀行)の キング総裁は13日、英国経済の回復にはポンド安が必要かもしれないと の認識を示した。主要7カ国(G7)は前日、世界的な通貨戦争回避を 目指し為替に関する声明を発表したばかり。中銀総裁が市場と対話する 上での難しさがあらためて浮き彫りとなった。

キング総裁はロンドンで、「海外製品と比較した場合の国内生産品 の相対価格を何とかして変える必要があるのは明らかだ」と言明した。

この発言は、同総裁が12日のG7財務相・中央銀行総裁の声明につ いて、外国為替市場に「単独介入はしないという長年の約束」を反映し たものだと説明した後に飛び出した。為替レートを目標としないことな どを掲げた同声明は解釈が割れ、市場を混乱させた。署名者の1人であ るキング総裁は、前例のない金融緩和後も勢いを増せない英経済の回復 を試みている。

元中銀当局者で現在はキャピタル・エコノミクス(ロンドン)のエ コノミスト、ビッキー・レッドウッド氏はキング総裁の真意について、 「世界的な通貨戦争を予防しつつも、経済ファンダメンタルズに照らせ ばポンドには一段の下落余地があるかもしれないと示唆する微妙なさじ 加減を試しているのだろう」と分析。「今のところ、介入は許さないが ポンド安を望んでいるという風に聞こえる」と付け加えた。

総裁は英国には他国に製品をもっと買ってもらう一方で輸入を減ら し、貿易赤字を改善させる必要があると指摘。英中銀は金融政策を通じ て経済を支えられるが、どのような中銀の行動も為替相場に影響を及ぼ すとも述べた。「それぞれの国が自国の経済成長を支えるために金融政 策を使えば、為替相場にその結果が表れる」として、「その動きは流れ に任せるべきだ」と発言した。

一方、キャメロン英首相はこの日に議会で、「通貨切り下げ競争を 見たい人間はいない」と述べ、「どの国であれ、通貨を安くすることに よって成長を押し上げることはできないと思う」と語っている。

原題:King Signals U.K. May Need Weak Pound While Backing G-7 Comments(抜粋)

--取材協力:Andrew Atkinson、Kitty Donaldson、Scott Hamilton.