スイス:銀行に資本積み増し命じる-不動産リスクに備え

更新日時

スイス政府は、同国で20年ぶりの不 動産ブームに絡むリスクに備え資本を積み増すことを銀行に命じた。

銀行は、国内の住宅ローンに関連した資産に対して追加で1%の資 本を積む。スイス国立銀行(中央銀行、SNB)が勧告した措置につい て政府が13日発表した。新規則は約30億スイス・フラン(約3060億円) の資本積み増しにつながる。銀行はこれを9月30日までに順守しなけれ ばならない。

チューリヒやジュネーブの不動産価格は、欧州債務危機を受けた質 への逃避や記録的低金利を背景に急上昇している。1990年代初めのよう なブーム破裂を懸念する政府は昨年7月に住宅ローン規制を厳格化した が、その後も不動産値上がりが続き、中銀が資本積み増しを求めた。

声明は「不動産市場の過度の価格上昇と急速過ぎる与信拡大を抑止 するための措置」と説明。「継続的な住宅ローン拡大と住宅用不動産値 上がりによって不均衡が生じ、これが銀行セクターと経済の安定に対す る大きなリスクとなっている」と解説した。

中銀は昨年6月にも住宅ローン市場のリスクを指摘していた。中銀 のデータによると、スイスの2大銀行、UBSとクレディ・スイス・グ ループを合わせた住宅ローン残高は昨年11月末に、2011年から4.8%増 え2522億フランとなっていた。

原題:Switzerland Orders Banks to Hold Real Estate Risk Buffer (2)(抜粋) 原題:Switzerland Orders Banks to Hold Real Estate Risk Buffer (1)(抜粋)

--取材協力:Elena Logutenkova.

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE