プジョー:12年通期は3年ぶり営業赤字-欧州市場の縮小響く

欧州2位の乗用車メーカー、フラン スのプジョーシトロエン(PSA)の2012年通期の営業損益は、3年ぶ りの赤字となった。欧州市場の縮小で自動車部門の現金支出が膨らんだ ことが響いた。

13日の発表資料によると、12年の営業損益は5億7600万ユーロ (約720億円)の赤字。ブルームバーグが集計したアナリスト17人の予 想平均では6億4700万ユーロの赤字が見込まれていた。11年は10億9000 万ユーロの黒字。12年の売上高は5.2%減の554億ユーロだった。

12年の営業フリーキャッシュフローは30億ユーロの赤字。同社はこ の日、13年の現金支出比率を50%削減するとともに、14年までに収支均 衡の水準を回復する方針を示した。

12年の純損益は50億1000万ユーロの赤字。自動車関連資産で7-12 月(下期)に38億9000万ユーロの評価損を計上したことが響いた。11年 は5億8800万ユーロの黒字だった。

原題:Peugeot Reports First Loss in Three Years as Auto Market Plunges(抜粋)