オバマ大統領、北朝鮮の「挑発」に警告-孤立深めるだけ

北朝鮮が国際社会の制裁に挑戦する かのように核実験を実施したことを受け、国連安全保障理事会は12日、 同国を非難するとともに、強力な対応策を取る方針を表明した。オバマ 米大統領も警告を発した。

対北朝鮮政策に携わる米国の現・元当局者の分析によれば、北朝鮮 の金正恩第1書記は世襲で受け継いだ権力の保持を主張し、体制変化を 抑止する力を強化している上、祖父と父の遺訓である先軍政治を引き継 ぐことを自国民に示している。

今回の核実験はオバマ大統領による12日の一般教書演説まで24時間 を切った段階で行われた。大統領は演説で、北朝鮮の「挑発」は自国の 孤立を深めるだけだと批判した。

ブッシュ政権下で北朝鮮の核問題をめぐる6カ国協議の米首席代表 を務めたビクター・チャ氏はインタビューで、北朝鮮が安保理決議を無 視する形で過去数年間で2回の核実験と3回のミサイル打ち上げを実施 したことを指摘。「今やプログラムの暴走だ」と述べた。

北朝鮮が小型化した核弾頭を長距離弾道ミサイルに搭載するにはま だ時間がかかるとみられているが、チャ氏は「本体に米国と書かれたミ サイルを発射台に載せるようになるまで座視したいと思うだろうか」と し、オバマ政権は遅かれ早かれ北朝鮮に再び関与せざるを得なくなると の見方を示した。

原題:North Korea’s Defiant Nuclear Stance Creates Quandary for Obama(抜粋)