ゴールドマンCEO:辞める予定ない-財務長官就任は非現実的

米銀ゴールドマン・サックス・グル ープの最高経営責任者(CEO)を2006年から務めるロイド・ブランク ファイン氏は、CEOを退任する予定はないとあらためて言明した。

ブランクファインCEOは12日、同社主催のサンフランシスコのハ イテク会議の場でブルームバーグテレビジョンとのインタビューに応 じ、「私という人間、私が今やっている仕事、それに他の関心が全くな いことを総合すると、この仕事を私がしばらく続けると考えざるを得な い」と語った。

また、ヘンリー・ポールソン、ロバート・ルービン氏の2人の元 CEOが退職後、米財務長官に就任したことに関連し、自分がそのよう な職務に「必要とされることは望ましい」としながらも、「現実的でな い仮定に思われる」と発言した。

ブランクファイン氏は「経済の改善につながるビジネスへの資金提 供に努力し、私の時間の大半を前向きに使いたい」と述べる一方、金融 危機に関連する「負の遺産から逃れるつもりはない」と付け加えた。

原題:Goldman Sachs CEO Blankfein Says He’ll Stick Around for a While(抜粋)