ボーキサイトかすからレアアース回収、日軽金がジャマイカで

アルミニウムメーカーの日本軽金属 はジャマイカでボーキサイトのかすからレアアース(希土類)を回収す る事業化を検討する。5月から試験用工場を現地に立ち上げ、約半年を かけて回収できるレアアースの種類や量を調べる。事業化が決まれば日 本の年間需要量の1割弱を回収する工場建設につなげたい考えだ。

日軽金・広報室の野中由憲室長によると、同社は昨年9月にジャマ イカ政府などとレアアース回収に関する事業化調査で覚書を結んだ。ボ ーキサイトからアルミナを精製する際に、レアアースも採れることは以 前から知られていたが、ジャマイカでは他の地域と比べてより多くのレ アアースが含まれていることが分かったという。

試験用工場を300万ドル(約2億8000万円)で建設し、年内に事業 化できるかを決定する。事業化が決まれば年1500トン程度のレアアース を回収する工場建設を計画している。日軽金のジャマイカでのレアアー ス回収の事業化については13日付の日本経済新聞朝刊が報じていた。

ハイブリッド車や電気自動車などに不可欠のレアアースは中国依存 が高く、日本企業は調達先の分散が課題となっている。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE