787のリチウムイオン電池、旅客機での輸送禁止を-国連機関

国連の国際民間航空機関 (ICAO)は12日、米ボーイングの最新鋭旅客機「787」(ドリーム ライナー)に搭載されるようなリチウムイオン電池を旅客機で輸送すべ きではないとの判断を示した。

ICAOのアンソニー・フィルビン報道官はインタビューで、 ICAOの勧告は米ボストンと日本で1月に起きた787型機のバッテリ ー事故の調査を踏まえたものだと語った。

同報道官は今回の勧告について、787型機のリチウムイオン電池を 貨物として旅客機で運ぶことを航空各社に認めていたICAO規定の適 用除外を無効にするものだと説明。この例外規定は、同型機を保有する 航空各社が代替バッテリーを整備施設に輸送しやすくするために設けら れていた。

ICAOは1月1日、旅客機や貨物機で自然発火の恐れがあるリチ ウムをベースとした電池を輸送する方法について、一段と厳しい一般ガ イドラインを導入。今回の勧告は一連の調査の結果が出るまでの暫定措 置だと同報道官は語った。

原題:Batteries for 787 Can’t Be Shipped on Passenger Planes, UN Says(抜粋)