アップル:腕時計型端末開発で100人規模の開発チーム-関係者

米アップルはスマートフォン(多機 能携帯端末)「iPhone(アイフォーン)」のようにコンピュータ ー機能を備えた腕時計型端末の開発に、約100人規模のチームで当たっ ていると、同社の計画に詳しい関係者2人が明らかにした。

開発計画が非公開であることから匿名を条件に関係者が語ったとこ ろによると、チームにはマネジャーのほか、マーケティング担当者やこ れまでアイフォーンなどの開発に携わっていたソフトウエア、ハードウ エアのエンジニアらが含まれており、その数は過去1年間に増加した。 このチーム規模は、開発が実験段階を過ぎたことを示唆しているとい う。

売上高の伸び鈍化やサムスン電子などライバル企業との競争激化を 受けて、アップルの株価は昨年9月に付けた高値から30%余り下落して おり、ティム・クック最高経営責任者(CEO)は株主からの圧力に直 面している。より高い価格で販売できる革新的な新製品がないことか ら、株主はアップルに現金還元を増やすよう求めている。

元アップル社員で技術コンサルタントのブルース・トグナチニ氏は 先週のブログで、腕時計型端末について、「アップルのエコシステムの 穴を埋めるものになる」と予想。「他の画期的なアップル製品と同様 に、発売時には価値は過小評価されるが、その後はわれわれの生活やア ップルの運命に強い影響を与えることになるだろう」と指摘した。

アップルの広報担当ナタリー・ケリス氏はコメントを控えた。同社 の腕時計型端末への取り組みについて、米紙ニューヨーク・タイムズが 先に報じていた。

原題:Apple Said to Have Team of 100 Developing Wristwatch Computer(抜粋)