独イーオン:米で電力・ガス取引開始へ-シェール革命に便乗

ドイツの電力大手イーオンは北米の シェール(頁岩層)ガス革命に便乗し、米国で電力・天然ガス取引を開 始する。

同社は既にドイツから米国の電力・ガスのデリバティブ(金融派生 商品)取引を行っているが、シカゴで5人のトレーダーを雇用する。イ ーオンの幹部が明らかにした。電力とガスの現物を取引し、パイプライ ンや貯蔵施設のリース業務を展開するほか、米国の液化天然ガス( LNG)の確保を目指す。

イーオンは本拠地のデュッセルドルフに約200人のトレーダーを抱 えるが、欧州経済が不調でエネルギー需要が弱く市場低迷に苦しんでい る。同社の昨年1-9月の電力、ガス、二酸化炭素排出権、石炭の取引 高はいずれも前年同期を下回った。米国はシェールブームに沸いてお り、増産に伴うエネルギーコストの削減による景気回復で成長が見込め る。

イーオン・トレーディングの世界商業取引の最高責任者、ギャレ ス・グリフィス氏はデュッセルドルフでのインタビューで「エネルギー 取引で北米の重要性はここ1年間、増している。ガス価格の下落により エネルギー集約型産業が息を吹き返している」と述べた。これに加え て、一部の銀行が商品市場から撤退したことで他の業態が業務を拡大す る好機になっているという。

国際エネルギー機関(IEA)によると、昨年1-10月の北米のガ ス需要は3.1%増。欧州は2.7%減。

原題:Shale Boom Draws EON to Hire U.S. Traders as Europe Shrinks(抜粋)