FRB資産売却、市場に混乱招く-カンザスシティー連銀総裁

米カンザスシティー連銀のジョージ 総裁は、金融当局が過去最大規模に膨れ上がったバランスシートからい ずれ資産の売却を始めることになった場合、金融市場を不安定にする可 能性があるとの認識を示した。

総裁は12日、ネブラスカ大学オマハ校での講演で、金融当局による 現行の証券売却計画は「市場の機能に混乱を生じさせる恐れがある」ほ か、「望ましくない住宅ローン金利の上昇」を招く可能性があると指摘 した。

ジョージ総裁は1月、投票権を有するメンバーとして初めて参加し た米連邦公開市場委員会(FOMC)で、毎月850億ドル(約7兆9000 億円)の債券購入を継続する決定に反対票を投じた。FRBのバランス シートは債券購入に伴い3兆200億ドルに膨らんでいる。

同総裁は「現在の景気回復を支えるために金利を低位に維持するこ とには同意するが、ゼロ%近辺に金利を据え置くことはそれ自体が招く 結果を内包していることも分かっている」と説明。金融緩和が行き過ぎ たリスクテークを投資家に促す恐れがあるとも述べた。

原題:George Says Fed Sale of Assets May Disrupt Financial Markets (1)(抜粋)