クリアワイヤ:10-12月期、予想超える赤字-加入者数8%減

米無線通信会社クリアワイヤの2012 年10-12月(第4四半期)決算は、市場予想を超える赤字となった。加 入者数は前年比8%減少した。同社は昨年12月に米携帯電話サービスの スプリント・ネクステルによる買収で合意している。

12日の決算資料によると、継続事業の損益は1株当たり30セントの 赤字。ブルームバーグが集計したデータによると、アナリストは27セン トの赤字を見込んでいた。売上高は3億1120万ドル(約290億円)に減 少、市場予想平均は3億1280万ドルだった。

クリアワイヤの株式の50%強を保有するスプリントは、未保有株式 の取得を試みている。昨年12月、両社はスプリントがクリアワイヤ株を 1株2.97ドルで取得することで合意した。クリアワイヤは米ディッシ ュ・ネットワークが提示した1株3.30ドルの対抗買収案も精査している が、この提案はより複雑で、成立するにはスプリントの同意が必要にな るとみられる。

12日のニューヨーク株式市場でクリアワイヤの株価終値は前日 比0.3%安の3.18ドル。スプリントが提示した2.97ドルを上回る額での 売却を投資家が期待する中、年初からは10%上げている。

クリアワイヤのエリック・プルシュ最高経営責任者(CEO)は、 この取引が成立しなければリストラを実施せざるを得ないだろうと語っ ていた。同社はリストラの選択肢について、プライベートエクイティ (PE、未公開株)投資会社の米ブラックストーン・グループから助言 を受けている。

原題:Clearwire Posts Wider Loss Than Estimated as Sprint Deal Looms(抜粋)