週末のG20は日本を協議、G7は為替でG20に圧力-加中銀総裁

カナダ銀行(中央銀行)のカーニー 総裁は、世界の主要国は20カ国・地域(G20)の他のメンバー諸国に対 し、為替レートを目標にしないよう圧力をかける方針だと述べた。日本 の為替政策については、今週の財務相・中央銀行総裁会合で協議される と付け加えた。

主要7カ国(G7)は12日、モスクワで開催されるG20会合に先立 って声明を出し、経済成長の追求で自国通貨を安くする行動は取らない と約束した。

カーニー総裁は同日、カナダ議会で「G7が一丸となって、かつ強 力にG20の場で主要な新興国間にこの約束を広げることが重要だ」と発 言。一部の主要新興国は柔軟な為替制度を採用しているが、「この点に 関してやるべきことが山ほどある」国もあると続けた。

総裁はさらに、日本が2%のインフレ目標を設定したことで円相場 に影響が及ぶことに「一定の懸念」があるとも指摘。今週末のG20では 日本の政策について協議するだろうと述べた上で、日本が財政出動の拡 大やインフレ目標の引き上げを決定したことは「重大、かつ前向きな展 開だ」と付け加えた。

さらに、「ここカナダで強調し、日本の当局も認めている極めて重 要なポイントは、金融政策は国内での成果に焦点を絞っているというこ とだ。だからインフレ目標2%に重点を置いた取り組みがなされてい る」と発言。

ただ、「金融政策がこれまでよりも一段と緩和的ならば、インフレ 目標を著しく引き上げた日本の場合、為替レートに影響を及ぼす」と続 けた。

原題:G-7 Will Seek to Grow G-20 Currency Commitment, Carney Says (1)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE