欧州株:上昇、コスト削減策でバークレイズ急伸-自動車株安い

12日の欧州株式相場は反発。フラン スのタイヤメーカー、ミシュランの利益が予想に届かなかったものの、 英銀バークレイズのコスト削減策が好感された。

3700人を削減する計画を明らかにしたバークレイズは、ほぼ2年ぶ りの高値に達した。ミシュランを中心に自動車関連銘柄が安い。同社の 通期利益はアナリスト予想を下回った。イタリアの防衛・航空宇宙関連 企業フィンメッカニカはここ1年2カ月で最大の値下がり。贈賄疑惑に 関する捜査で、同社の最高経営責任者(CEO)が身柄を拘束された。

ストックス欧州600指数は前日比0.5%高の287.07で引けた。前日 は0.6%安だった。年初来では2.6%上げている。

ニューフリズ・プライベート・アセット(パリ)のファンドマネジ ャー、マニュエル・スープル氏は「ある企業は順調だと指摘し、別の企 業は慎重な姿勢を取っている」と述べ、「相場の方向は毎日変わ る。2013年の業績見通しはまだ明確に見えてこない。だからと言って、 相場が持ちこたえられないという意味ではない」と続けた。

ブルームバーグがまとめたデータによれば、この日の指数構成銘柄 の出来高は30日平均を11%下回った。

12日の西欧市場では18カ国全てで主要株価指数が上昇した。

原題:European Stocks Advance as Barclays Rallies on Job-Cutting Plan(抜粋)

--取材協力:Corinne Gretler.