ベネズエラ:通貨切り下げで、駆け込み消費-インフレを懸念

ベネズエラ国民は週末、航空券やテ レビ購入に殺到した。同国のチャベス大統領が9年間で5回目となる通 貨ボリバルの切り下げを決定したことで、物品・サービスが値上がる前 の駆け込み需要が生まれている。

ベネズエラのジョルダニ企画・財政相は8日に記者団に対し、チャ ベス大統領が1ドル=6.3ボリバルと32%の通貨切り下げを13日からス タートさせるよう命じたと発表した。チャベス大統領はキューバのハバ ナでがん手術後の療養を続けている。カラカスの電気小売店では10日、 薄型テレビを求める買い物客で混雑し、店側は購入は1人1点のみと制 限した。

ベネズエラは消費される財の多くを輸入に頼っており、通貨安はイ ンフレ加速につながる公算がある。今回の通貨切り下げは財政赤字削減 を目指したものだが、生活費が高騰することで、チャベス政権への支持 を揺るがしかねない。

ベネズエラの調査会社データナリシスのプレジデント、ルイス・ビ センテ・レオン氏は「どんな経済政策にも常にプラスとマイナスの面が ある」とし、「一つの問題の解決に向けて通貨を切り下げれば、必ずそ の代償を求められる」と述べた。

原題:Chavez Devaluation Puts Venezuelans to Queue on Price Raise (3)(抜粋)

--取材協力:Nathan Crooks.

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE