モスクワ初のカプセルホテルがお目見え-旅行者に朗報

モスクワ市内の空港から電車で35分 のべラルースカヤ駅の徒歩圏に、モスクワ初の日本式カプセルホテルが お目見えした。市内中心部にあるにもかかわらず、宿泊料金は85ドル (約8000円)だ。

宿泊客の1人、イタリアのフィレンツェ在住のビジネスマン、レオ ナルド・テリーリさんは、イタリア料理レストランに高級食材を販売す るためモスクワを訪れた。会合は1件だけなので滞在時間は24時間以 内。旅費は航空運賃も含め350ドルだった。

先月発表された英国の調査では、モスクワのホテル宿泊料金は世界 で最も高額。1部屋当たりの広さが4平方メートルに満たないボックス 状のカプセルホテルの登場は、テリーリさんのような出張旅行者にとっ て画期的だ。

「信じられない。ロンドンやニューヨークならこういうことも可能 だっただろうがモスクワでも実現するなんて」。モスクワのカプセルホ テル「スリープボックス・ホテル」は1月29日に開業。その3日後にテ リーリさんはチェックアウトした。

世界初のカプセルホテルは1979年、大阪で誕生。アイデアは欧州や 米国に広がり、欧州の空港近辺のほか、今ではロンドンやニューヨーク の中心部にも登場している。

モスクワのカプセルホテルは、ロシアの起業家レオニード・チェル ニコフ氏(25)が、アムステルダムにある同様のホテルから着想を得て 開業。モスクワやロシアの他都市でも開設を予定している。「この事業 計画は間違いなく成功するだろう。手ごろな価格の宿泊施設の不足はモ スクワでは大きな問題の一つだ」と述べた。

原題:Moscow’s First Capsule Hotel Is a Revolution in High Price City(抜粋)