RBS元幹部:危機対応でLIBORまで気が回らず-証言

英銀ロイヤル・バンク・オブ・スコッ トランド・グループ(RBS)の元経営幹部らは、11日の英議会の公聴 会で、ロンドン銀行間取引金利(LIBOR)の操作があり得ないと信 じていたと証言した。同行は先週、4年余りにわたる国際指標金利の操 作を各国監督当局が認定したことを受けて、6億1200万ドル(約577億 円)の制裁金支払いに応じると発表した。

RBSの投資銀行の元最高責任者で、LIBORの不正操作をめぐ る問題で辞任したジョン・ハウリカン氏は、英議会の銀行規範に関する 委員会で、「これほどの水準の注意を必要とするリスクだとわれわれは 誰も考えなかった」と発言。一方、投資銀行の元会長、ジョニー・キャ メロン氏は「道徳的でありたいと望まない人々に規範を課すことはでき ない」と語った。

RBSは2008年に世界最大規模の銀行救済の対象となり、英政府 が81%出資している。ハウリカン氏は「09年と10年の間、われわれは銀 行の経営を破壊した問題に専ら集中していた。心拍停止の状態から抜け 出すことだけで、誰もが頭がいっぱいだった」と釈明した。

原題:RBS Bankers Tell Lawmakers They Thought Libor-Rigging Impossible(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE