首位行くゴールドマン、M&A世界共同責任者にレムカウ氏

米ゴールドマン・サックス・グルー プは、合併・買収(M&A)事業の欧州担当責任者グレッグ・レムカウ 氏を同事業のグローバル共同責任者に起用した。同行は今年これまでの ところ、M&A助言で世界首位。

11日の従業員向け文書によれば、ロンドン在勤の米国人であるレム カウ氏(43)は、ロサンゼルス在勤のジーン・サイクス氏(55)と並ぶ 共同責任者に就任する。レムカウ氏の昇格については、同行の広報担当 者が確認した。後任にはジルベルト・ポッジ氏(47)が就くという。

投資銀行各行は、企業買収が再び活発化することを期待している。 ブルームバーグのデータによると、世界のM&Aは2012年に年間で9% 減少したものの、同年10-12月(第4四半期)には4年ぶり高水準とな った。今年これまでに発表された案件は計約2200億ドル(約20兆7500億 円)規模となっている。

レムカウ氏はゴールドマンでテクノロジー、メディア、通信グルー プのグローバル共同責任者を務め、マイクロソフトによるスカイプ・テ クノロジーズ買収(85億ドル規模)などに関わった。

原題:Goldman Sachs Names Lemkau, Pozzi to New Mergers Roles (3) (抜粋)