S&P:アイルランド格付け見通しを「安定的」に変更

米格付け会社スタンダード・アン ド・プアーズ(S&P)は、アイルランドの格付け見通しを「ネガティ ブ」から「ステーブル(安定的)」に変更した。同国が銀行救済に伴う 財政負担を軽減する措置について欧州中央銀行(ECB)の同意を得た ことを受けた。

アイルランド政府の計画によると、旧アングロ・アイリッシュ銀行 (AIB)救済に利用した約束手形を最長40年の長期債250億ユーロ (約3兆1600億円)相当と交換することで返済期間を引き延ばす。

S&Pは、「この交換の成功でアイルランドが民間からの資金調達 に全面的に復帰し、欧州連合(EU)・国際通貨基金(IMF)の支援 プログラムから2013年末に脱却できる可能性は高まったとわれわれは考 える」と説明した。同国の格付けは「BBB+」に据え置いた。

原題:S&P Revises Outlook on Ireland to Stable After Bank Accord (抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE