フランス財務相:ユーロ圏は政策協調必要-成長軌道に戻るため

フランスのモスコビシ財務相は、ユ ーロ圏諸国はできるだけ迅速に成長軌道に戻れるよう政策協調が必要だ との見解を示した。

モスコビシ財務相はブリュッセルで記者団に対し、「経済情勢の悪 化は現実であり、心配だ」と述べ、「ユーロ圏は永続的に低成長の地域 になってはならない」との認識を示した。

今週発表されるユーロ圏の経済指標では、ソブリン債危機による打 撃で域内総生産(GDP)が四半期ベースで約4年ぶりの大幅な落ち込 みとなったことが示される見込みだ。ブルームバーグ・ニュースが集計 した45件の予想の中央値によれば、昨年10-12月(第4四半期)GDP は前期比0.4%減となる見通しで、予想通りなら2009年1-3月(第1 四半期)以来最大の減少となる。

モスコビシ財務相はユーロ圏財務相会合(ユーログループ)の終了 後、「ユーログループには経済政策の協調と、成長と投資のバランスの 取れた政策を確実にする上で果たすべき極めて重要な役割がある」と強 調した。

原題:Moscovici Says Euro Area Needs to Coordinate to Revive Growth(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE