ゴールドマン社長:債券強気相場はいずれ終息、公衆は理解せず

米ゴールドマン・サックス・グルー プのゲーリー・コーン社長は最低水準付近にある金利はいずれ上昇する だろうと述べ、そうなった時に債券の価値が失われるということが一般 に理解されていないと懸念を示した。

コーン社長(52)はブルームバーグテレビジョンのインタビュー で、「金利がたどる道は本当に一つしかない」と述べ、金利が上昇すれ ば保有する債券の価値は下がるということが「一般の人々に理解されて いないと懸念している」と続けた。

同社長は、米国は「32年にわたる債券の強気相場」を経験してお り、他国も金利を著しく引き下げてきたと指摘。「この状態はいずれ終 了するはずだ」と述べたが、その時期がいつかは具体的に予測していな いとした。コーン氏はかつて債券トレーディングの責任者を務めた経験 がある。

原題:Goldman Sachs’s Cohn Says Public May Not Understand Bond Risks(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE