ECBバイトマン氏:ユーロは過大評価されていない

欧州中央銀行(ECB)の政策委員 会メンバー、ドイツ連邦銀行のバイトマン総裁は、ユーロは著しく過大 評価されてはいないとし、同通貨を下落させようとするユーロ圏の一部 政府の試みに警鐘を鳴らした。

バイトマン氏は11日、フライブルクでの講演で「ユーロは最近の上 昇にもかかわらず、著しい過大評価の兆候は最新の指標で示されていな い」と言明。「具体的にユーロ安を意図する為替政策は、最終的にイン フレ率上昇につながるだろう」と述べた。

同氏は「政治的に誘導された通貨安が持続的な競争力の向上に通常 つながらないことは、過去の経験が示している」とし、「大抵の場合、 さらなる下落が必要となってくる。自国の通貨安を試みる国が増えれ ば、通貨安競争の結果を招く。それは敗者を生み出すだけだ」と話し た。

為替動向については、「物価動向に影響を及ぼすことを踏まえ、金 融政策を決定する上でもちろん考慮する」とも発言した。

その上で、ECBはソブリン債危機への対応で既に十分な措置を講 じており、国や欧州のレベルでの構造改革実行は政治家の役目だと強 調。「こうした問題は政治による解決しかあり得ず、中央銀行にはでき ない」とし、「従って、ユーロが過大評価されているとする議論は、現 実の課題から注意をそらしているにすぎない」と続けた。

原題:ECB’s Weidmann Says Euro Not Overvalued, Warns Against Weakening(抜粋)