米ゴールドマン:商品相場は今後1年間で1.1%上昇へ

米ゴールドマン・サックス・グルー プは、金属と畜産物をけん引役に商品相場が今後1年間に1.1%上昇す ると予想した。その上で、現物市場で回復が確認されるまで各商品の見 通しの上方修正は控える方針を示した。

ゴールドマンは10日付のリポートで、S&P・GSCIエンハンス ト商品指数の構成セクターのうち、エネルギーが2%上昇、貴金属は 5%高、畜産物は4.5%上昇すると予想している。一方、農産物は3.5% のマイナス、工業用金属も1%下落を見込んでいる。同リポートは11 日、電子メールで配信された。

ジェフリー・カリー氏率いるゴールドマンのアナリストはリポート で「楽観的な見方が再び強まっているが、これはモメンタム(勢い)や 見通しに関する調査結果によるところが大きい。実際の統計や現物市場 は低迷しており、楽観的な見方とはかけ離れている」と指摘。「当社は 価格目標や推奨内容は据え置き、実際の統計や現物市場がこの楽観を裏 付けるまで予想は引き上げない」と続けた。

原題:Goldman Forecasts 1.1% Gain in Commodities Over 12 Months (1)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE