ECBがユーロ高によって圧力を受けてはならない-独経済省

ユーロ圏各国政府は経済の競争力強 化に取り組むべきであり、金融政策によってユーロ相場を押し下げるこ とを欧州中央銀行(ECB)に求めてはならない。ドイツ経済技術省が 月報で指摘した。

同省は月報で「為替相場を押し下げることを目的とした措置は競争 力強化に向けて持続する効果を持たない」とし、「ECBは金融政策決 定において独立性を維持しなければならない。金融政策の第一の使命は 物価安定の確保だ」と論じた。

また、世界的に景気が底を打ったことからドイツ経済の見通しは改 善しているとの認識も示した。

原題:ECB Mustn’t Be Pressured on Euro Strength: German Ministry (抜粋)